最近の記事
◎プロが選んだ防犯&防災グッズ!
◎防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、
防犯カメラ、ドアホン、盗撮防止、盗聴防止、護身用品
◎地震、火事対策、非常食、保存水、家具固定転倒防止、
災害用簡易トイレ、避難セット、防寒、火災報知器
地震対策万全ですか?
↓↓詳しくはクリックを↓↓
安心安全の専門店 TSSP.jp!!


【お薦めサイト】 
PMBOKやITプロジェクト管理を解説!
↓↓↓↓↓↓
プロマネも人生も段取り八分

2017年05月01日

戦争にチャンスを与えよ!エドワードルトワック著 奥山真司【本書評】

戦争にチャンスを与えよ!エドワードルトワック著 奥山真司【本書評】

戦争にチャンスを与えよ (文春新書) 単行本 2017/4/20 エドワード ルトワック著 奥山真司訳

本書で、ルトワック氏は、必要悪としての「戦争の本質や役割」について倫理観なしで冷徹に考察しつつ、「不介入論」を説いています。

著者エドワード ルトワック氏はこういいます。

・「戦争」を無理に「停戦」させても、「戦争の火種を凍結する」だけだ。
・「本当の平和は、戦争の当事者自身が戦争を倦むほど、徹底的に戦った後でなければ訪れない」
・今日ではあまりにも多くの戦争が「終わることのない紛争」となってしまった。
その理由は、外部からの介入によって、「決定的な勝利」と「戦争による疲弊」という二つの終戦要因が阻止されるからだ。
・「難民支援が難民を永続化させる」
・「国際組織やNGOは紛争をビジネスにしている」
・「軍事力ではなく同盟関係がすべてを制す」
・日本の北朝鮮への対応には「降伏」「先制攻撃」「抑止」「防衛」という四つの選択肢がある。
・「平和のためにこそ尖閣に武装人員を常駐させろ」
・「日本の「あいまいさ」が中国の誤解を生む」
・「日本が国連常任理事国になる秘策」

など刺激的な指摘が満載ですが、知的で内容の濃い一冊でした。

特に、「パラドキシカル・ロジック(逆説的論理)」、「もし私が米国大統領だったら」は勉強になりました。

この凝縮された内容は、値段的にも超おすすめです!

以下、いくつか抜粋してみます。

□同盟関係を築いても、戦争勃発の危険を高めることにならない。
そうしなければ、むしろ戦争勃発の可能性が高まる。
「効果的な抑止」以外の選択肢というのは、「暖かな平和」ではない。それは、「慢性的な不安定」であり、あるいは「戦争」かもしれないのだ。

□ロシアは「ノヴァロシア」(エカテリーナ二世によって獲得された領土:ウクライナやクリミア半島が含まれる)を遂行しようとしている。

□「パラドキシカル・ロジック(逆説的論理)」とは、紛争時に働くロジックのことだ。
それは戦争が平和につながり、平和が戦争につながることを教えてくれる。
すべての軍事行動には、そこに超えると失敗する「限界点」がある。いかなる勝利も、過剰拡大によって敗北につながるのだ。
 ナポレオンは、戦場では強かったが、限界点を超えて前進したところで、負けが決まったのである。

・こちらの「アクション」に相手も「リアクション」で対抗してくる時こそ、「パラドックス」が発生するのである。
この「パラドックス」への注目から、戦略における「サプライズ(奇襲)」の重要性が見えてくる。

「パラドキシカル・ロジック」は、「政治」よりも強い。
そして、「戦略」は、「政治」よりも強い。

□戦略の規律が教えるのは「まあ、大丈夫だろう」という選択肢には頼るなということだ。なぜなら、それに頼ってしまうことで、平和が戦争を生み出してしまうからである。

「規律」とは、「戦略のロジックを出し抜くことはできない」という認識能力のことだ。

□大規模戦争のような「戦略の世界」では、いくら「戦術レベル」で大成功を収めたり、戦闘で目覚ましい勝利を収めたとしても、「大戦略レベル」ですべてが覆ることがあるのだ。最終的な結果は、最上位の「大戦略」のレベルですべてが覆ることがあるのだ。

□戦略の世界の土台を構成する二つの要素
1.成果の積み重ねができない
2.線的なロジックが通用しない。

などなど、おすすめの一冊です。

詳しくは⇒[URL]戦争にチャンスを与えよ (文春新書)



ミドルエイジ30代からの嗜み!知的好奇心生活のおすすめブログ

ひどいワキガ・ワキ汗対策!男性ビジネスマンに特化した方法とは
CMで人気のどろあわわの力とは!顔の汚れを吸着する白い泡パック
待ち時間すきま時間の暇つぶしにおすすめスマホアプリはコレ!
緊張で口が渇く、デート中、キスする前の口臭にはご注意を!
引越し、プチ模様替えするなら風水が大事!おすすめスマホサイト


posted by 近藤SCO at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本書評(読書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

卸売業の経営戦略課題 尾田寛仁著【本書評レビュー】

卸売業の経営戦略課題 尾田寛仁著【本書評レビュー】


卸売業の経営戦略課題 単行本(ソフトカバー) 2016/6/23 尾田寛仁 (著)


物流業界は、物流は、国民生活や産業活動を支える重要な社会インフラであり、社会基盤です。

物流は、日本のGDPの約5%に相当します。運輸産業全体の年間売上高は、33兆円。

内訳は、物流分野23兆円、及び旅客分野10兆円になっています。

労働就業者数は、約316万人です。内訳は、物流分野約166万人、及び旅客分野約150万人となっています。

しかし、卸売業は苦しい業界でもあります。

卸売業は、売上総利益から見れば、メーカーに肝心要を握られています。

一方で、卸売業と小売業との関係でいえば、帳合ビジネスになっています。

「帳合ビジネス」が故に、小売業からの要請に対しては弱い立場にいます。小売業によっては毎年入札制によって、納入価格を下げていくのをみても、交渉力の凄さがわかります。

こうした点を全体で見た時に、経営リスクとしては、どのようなことを押さえておけばよのか、改善の糸口はあるのかについて検証されています。

卸売業の経営課題である経営環境、マーケティング、物流戦略、物流エンジニアリングについて広範囲に解説されている本です。

【目次】
はじめに
第1章 卸売業の基本
第2章 現在の経営環境
第3章 卸売業の経営課題
第4章 卸売業のマーケティング
第5章 卸売業の物流
1節 卸売業の物流戦略構築に向かって
2節 物流エンジニアリング
3節 物流投資の採算
4節 物流情報システム
5節 在庫管理の考え方と在庫的適正化の方法
6節 オムニチャネル化への物流システム
第5章補論 「物流における労働力問題と卸売業をモデルにした物流生産性向上に関して」
第6章 卸売業の経営戦略

営戦略をテーマに、卸売業の現況の確認と、今後の卸売業の経営戦略のありようをまとめた一冊です。

詳しくは⇒[URL]卸売業の経営戦略課題



ミドルエイジ30代からの嗜み!知的好奇心生活のおすすめブログ

ひどいワキガ・ワキ汗対策!男性ビジネスマンに特化した方法とは
CMで人気のどろあわわの力とは!顔の汚れを吸着する白い泡パック
待ち時間すきま時間の暇つぶしにおすすめスマホアプリはコレ!
緊張で口が渇く、デート中、キスする前の口臭にはご注意を!
引越し、プチ模様替えするなら風水が大事!おすすめスマホサイト

posted by 近藤SCO at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 本書評(読書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

戦略的インテリジェンス入門 上田篤盛著【本書評レビュー】

戦略的インテリジェンス入門 上田篤盛著【本書評レビュー】

戦略的インテリジェンス入門 大型本 2016/1/5 上田 篤盛 (著)

国防の万全を期すためにはインテリジェンスとは何か?

30年以上にわたり防衛省および陸上自衛隊で情報分析官などとして第一線で勤務した著者が、インテリジェンスの分析手法を具体的な事例をあげながらわかりやすく解説されています。

インテリジェンスとは、「情報を組織がそれぞれの立場や観点から専門的に処理してえた知識」ということになる。

筆者は、戦略とは「環境条件に変化に対応して物事がいかにあるべきかを決定する学(Science)と術(Art)」、これに対し、戦術は「固定的な状況から物事をいかになすべきかを決定する学と術」であると理解している。

【目次】

第1章 インテリジェンスの作成を行なううえでの必要な基礎的知識を理解することを狙いに「戦略的インテリジェンスの概念」

第2章 インテリジェンスが生成される過程である「インテリジェンス・サイクル」についての解説

第3章「インテリジェンスの分析・作成」と題し、米CIA、DIAなどの分析手法を基に筆者の研究成果などを加味して独自仕様の分析手法論を展開。

第4章「情報活動」と題し、主として相手国等の情報活動から我の戦略的インテリジェンスを守るという観点から、諜報、カウンターインテリジェンス、秘密工作などの各種活動について言及。

第5章では、「情報機関」と題し、旧日本軍と諸外国の情報機関について

が解説されています。

□インテリジェンスに関する格言集は、

インテリジェンスとは何か?というものの理解に役立ちますし、
ビジネスにも役に立つとおもいます。

・鋭い牙がないのなら、長い耳を持て
・最も重要な情報は一般公開される資料にある
・情報は買うか、盗むか、交換するかだ。
・情報を善悪で評価してはならない。真偽をもって評価すべきである。

などなど

他にも、

□脅威を構成する2つの要素

安全保障上または軍事上の脅威は通常、客体(相手国)が与える意図(意志、企図ともいう)と能力からなる。つまり、我に対し「侵略しよう」とする意図と「侵略できる」という能力によって、脅威が生起する可能性、様相などが規定される。

□意図見積は正しかったものの行動予測見積を誤ったことを示唆している。
中国軍の機動力不信で予想が外れただけだった。

第4節 戦略的インテリジェンス作成
(1)動態インテリジェンス
(2)トレンド分析
(3)長期分析
(4)見積インテリジェンス
将来の「〜かもしれないこと」「起こるかもしれないこと」を取り扱うインテリジェンスである。

□情報収集区分
@公開情報源から収集する手段がオシント(OSINT、公開インテリジェンス)
A非公開情報源「人間か、技術か」により人的情報源と技術的情報源に区分される。
・人的情報源から収集する手段がヒューミント(HUMINT:人的インテリジェンス)
・技術的情報源を収集する手段がテキント(TECHINT:テクノロジカルインテリジェンス)
  ・シギント(信号インテリジェンス)
  ・イミント(画像インテリジェンス)
  ・ジオイント(地理空間インテリジェンス)
  ・マシント(計測・痕跡インテリジェンス)

□学者との関係でいえば、学者は答えを導き出すツールとしての「方程式」を考案し、一方の情報分析官はその方程式に情報(データ)を注入し、そこから「答え」となるインテリジェンスを導き出す関係にあるといえるだろう。

□推理力を働かせ、一片の兆候から真実を読み取る
航空写真には波打ち際に便所が連立している状況が写っていた。この情報将校は便所の数を判読し、1個の便所を何人で使うのかを計算し、実際の兵力4836人にきわめて近い数字をはじきだした。

一見すると無関係と思われる情報を見逃せなかった点である。

上陸作戦の前には、製薬会社や食料品メーカーの株が必ず高騰するなど。

第3節 分析・作成上の各種阻害要因

□各種の阻害要因(致命的な7つの罪)
英国のスウオンジー大学政治名誉教授
1.情報収集による失敗
2.報分析官による誤った解釈
  これは情報分析官の旧態依然としたマインドセット(考え方の枠組み、思考様式)によって敵の意図や能力を誤って解釈することである。
3.敵の欺瞞により、情報分析官の誤った解釈が増幅されることである。
4.敵が保全上の配慮から十分な情報を情報分析官に与えないことである。
5.情報収集官や情報分析官の情報共有が不十分であることである。
6.脅威に関する情報が政策決定者に効果的に伝達できないことである。
7.政策決定者が旧態依然とした思考様式にとらわれ、インテリジェンスによる警告を否定することである。

○ミラー・イメージング
○ヒューリスティックにおけるバイアス
○政策決定者の思い込み(誤ったマインドセット)
○政策決定者による圧力
○真実を歪める情報操作

第4節 分析的思考法

□氷山分析
水面下の背景構造の下には背景や歴史的因縁などが横たわっている。
□地政学的視点
□歴史的視点
「歴史は繰り返さない。繰り返すのは類似した事例であり、傾向である」
「観察が精密になれば、実験の度にすこしずつ違った結果がでてくる」
□文化的視点
相手国の文化や風習をより深く知ることで、表面的に生起している事象の背後に存在する異なる要素に気づき、事象を正しく分析することができるのである。
□アリソン・モデル(複眼的思考)
複合的(国家、政府組織、個人の視点など)に事象を観察する。
□相関関係と因果関係
「高原野菜をたくさん食べる人に長寿が多い」からといって、高原野菜の摂取と長寿に直接的な因果関係があるとまでは断定できない。
「きれいな空気」なども要因として考えられる。
□兆候(予兆)と妥当性
物事の前触れを捉え、
妥当性を欠く場合、兆候は偽情報として処理するというのが妥当性の考えである。

妥当性:
1)適合性:その戦略構想が戦略目標達成にどれほど寄与できるか? 
2)可能性:自己の内部要因がその戦略行動を可能にするか?
3)受容性:戦略構想実施によってえられる損失または利益が戦略意図の要求度に対して許容できるか?
4)効果性:戦略構想が実施に移された場合、全般戦略および他の関連する戦略にどれほどの貢献ができ、またはどれほどの影響を及ぼすのか?
の基準を当てはめて考察する。

□パズル(知りえるもの)とミステリー(知りえないもの)
□定性的分析(数値化できない指標)と定量的分析(数値化できる指標)
□有効性(それに効果がある)と有用性(現実的に役に立つ、利便がある)
□「縦の比較」と「横の比較」
「縦の比較」:同一事象の時代変化、経年変化をみることである。
「横の比較」:ある事象をほかの同様な事象と比較することである。
□論理的思考と創造的思考
創造的思考とは、蓄積、熟成、閃き、検証の4段階からなる。
創造的思考は論理的思考を補う意味で軽視できないのである。
□拡散的(発散的)思考と収束的思考
□帰納法と演繹法

第5節 分析手法
2.分析テーマを具体化し、切り口を明確にする
□「問題の具体化」
□基本的な分析方法「MECE(ミッシー)」
3.事象の背後関係、相関・因果関係を明らかにする
□分類分析(カテゴリー:日付、時間、場所、判明した事象・活動など)
□リンクチャート(Link Chart)
□クロノロジー(Chronology):生起した事象を時系列的に並べる
□特性要因図(魚の骨)
□マトリックス分析
4.現在の特性、傾向を探る
□定量的比較分析
□同一事象比較分析
□キーワード分析
5.相手国の戦略的意図を分析する
□関連樹木法
□SWOT(スオット)分析
□敵の意図マトリックス
6.未来予測を行う
□未来予測法の種類
□デルファイ法
□時系列回帰分析
□タイムライン
□シナリオ法

第5節 秘密工作
□宣伝(プロパガンダ)
白色宣伝:国家が偽装せずに計画的に行う宣伝活動
灰色宣伝:主体は公然かつ明白であるが、一定の宣伝目的を達成するように重点的に作成するものをいう。
黒色宣伝:隠された主体が処理されたインテリジェンスを使用し、特別の宣伝目的をもって行うものである。

などなど、

インテリジェンスの作成から諜報、カウンターインテリジェンス、秘密工作、諸外国の情報機関等々、情報分析の基礎知識が網羅されています。

詳しくは⇒[URL]戦略的インテリジェンス入門



ミドルエイジ30代からの嗜み!知的好奇心生活のおすすめブログ

仕事ができる男に魅せる!おすすめビジネスバッグ革財布とは
CMで人気のどろあわわの力とは!顔の汚れを吸着する白い泡パック
待ち時間すきま時間の暇つぶしにおすすめスマホアプリはコレ!
緊張で口が渇く、デート中、キスする前の口臭にはご注意を!
引越し、プチ模様替えするなら風水が大事!おすすめスマホサイト




posted by 近藤SCO at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本書評(読書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

システム開発紛争ハンドブック 伊藤雅浩著【本書評レビュー】

システム開発紛争ハンドブック 伊藤雅浩著【本書評レビュー】

【BUSINESS LAW JOURNAL BOOKS】システム開発紛争ハンドブック―発注から運用までの実務対応 Legal Handbook for Resolution of Disputes Over System Development 単行本(ソフトカバー) 2015/6/9
松島 淳也 (著), 伊藤 雅浩 (著)


目次をみればわかる通り、発注から保守までITシステム開発における裁判紛争(開発失敗・障害発生・情報漏洩など)のほぼ全範囲が網羅(1956年から2014年まで96件の裁判例要旨・争点を掲載)されています。

プロジェクトマネージャー、PMO、経営層におすすめの一冊です。

【目次
第1章  システム開発・運用に関する紛争の発生状況
T はじめに
U なぜ、システム開発・運用に関する紛争が発生するのか
V システムの開発・運用時では、どのような紛争が発生し何が問題となるのか

第2章 システム開発委託契約の基礎知識
T はじめに
U システム開発委託契約の法的性質
V 開発委託契約書のひな形
W 契約の構成

第3章 契約交渉・締結段階におけるトラブル
T はじめに
U 契約交渉・締結段階におけるトラブルの実態
V 契約の成立自体が争いとなる場合
W 契約締結を拒絶したことによるユーザの損害賠償責任
X 個別契約は書面による合意によって成立するとされている場合の契約の成否
Y 開発対象の範囲が争いとなる場合
Z 契約の法的性質・形態が争われる場合
[ 契約の法的拘束力が争われる場合

第4章  プロジェクト進行中におけるトラブル
T はじめに
U プロジェクト頓挫型の対応
V 自己都合解約型の対応
W 不完全履行型への対応
X プロジェクトを運営する上で必要となる文書

第5章 システム運用中のトラブル
T はじめに
U システム障害
V データ消失事故
W 情報漏洩事故

第6章 知的財産権(プログラムの著作物)に関するトラブル

T はじめに
U システム開発における著作権の基本
V プログラムの著作物に関わる紛争
W 著作権以外の権利・法律上の利益

第7章 システム開発に関する訴訟手続
T はじめに
U システム開発時の紛争に関する主張・立証のポイント
V 反訴の提起
W 専門委員と鑑定人
X 裁判所での技術説明会及び実機検証の実施
Y 調停制度の利用
Z 和解
[ 控訴
\ 債権法改正の影響

巻末資料 (用語集・裁判例一覧)


□紛争の発生原因

1.契約書が作成されていない場合
@担当者の認識不足により、契約書が作成されないまま漫然と開発作業に着手している
Aベンダが納期を遵守しようとして、契約書が作成される前に開発作業に着手した

2.不適切な契約形態が採用されている場合
@大規模なシステム開発プロジェクトであるにもかかわらず、一括請負契約が締結され、要件定義すら完了していあいにもかかわらず全体の報酬の金額が合意されている
Aベンダに仕事完成義務を負担させるべきであるプログラム開発の工程で、契約書上、「準委任契約」であることが明記されている。

3.契約書に必要な規定が盛り込まれていない場合
@ベンダとユーザの役割分担が詳細に決定されていない
A開発対象を特定する文書(要件定義や外部設計書など)の確定方法が規定されていない
B研修段階における検査基準が明記されていない
C仕様変更や機能追加などの作業が発生した場合の承認手続が明記されていない
D成果物に関する権利の帰属が明記されていない

(3)課題管理表、障害・変更管理書が作成されず、障害の発生状況や仕様変更の有無が把握できない。
(4)議事録が作成されていない
(5)システムの運用手順書が用意されていない、用意されていても担当者が手順書に従っていない

2.契約内容を理解していないため、契約に従った手続きを採用していない
例)システム開発委託契約では、通常、みなし検収条項(検査期間内に何らの通知がない場合には、検収に合格したものとみなすという趣旨の条項)が規定され、ユーザがベンダから引渡しを受けた後、一定の期間内に検査し、検収に合格したか否かを通知することが義務付けられている。しかし、ユーザがこの規定内容を理解していない場合、本来であれば検査期間内に検収不合格と判断して通知すべきところ、これを怠り、みなし検収の条項によって検収に合格したとのベンダの主張を許し、紛争に発展してしまう場合がある。

4.ユーザが仕様を決定する等の作業に協力しないためプロジェクトが進捗しない
5.情報システムは目で見て確認することが困難であるため、納品されて使ってみないと要望が反映されているのか確認できない。
7.プログラムなどの成果物の利用方法を検討していないため適切な権利処理をしていない
・原則として、成果物に関する著作権などの権利を自己に留保し、ユーザに移転させるべきではない。
 ベンダとしては、下請企業などとの間での権利処理も欠かせない。
 通常は、プログラムの開発をしている下請企業に権利が帰属することになり、下請企業との関係が悪化したときに、下請企業から権利行使される場合が散見される。
 これには、ユーザもベンダに注意喚起しておく必要がある。

・ユーザにプログラムなどの権利が帰属していない場合、
ベンダAからプログラムのソースコードの引渡しを受けている場合でも、著作権法47条の3で規定された「自ら当該著作物を電子計算機において利用するために必要と認められる限度」でしか、複製または翻案することができないからである。

□ベンダは納入期限までにシステムを完成されるように、契約書などにおいて提示した開発手順や開発手法、作業工程など従って開発作業を進めるとともに、常に進捗状況を管理し、開発作業を阻害する要因の発見に努め、これに適切に対処し、かつ、ユーザのシステム開発へのかかわりについても適切に管理し、システム開発について専門的知識を有しないユーザによって開発作業を阻害する行為がされることのないよう、ユーザに働きかける義務(プロジェクトマネジメント義務)を負い、
他方、ユーザは、システムの開発過程において、資料などの提供その他システム開発のために必要な協力を開発業者から求められた場合、これに応じて必要な協力を行うべき契約上の義務(協力義務)を負っていたとした上、ベンダの民法641条に基づく損害賠償請求について6割の過失相殺をした事例がある。

典型的な協力義務:
@要望する機能について検討し、最終的に機能を決定する
A画面のレイアウトや帳票の出力項目を決定する
B成果物の検収をするといった業務
である。

・在庫照会の検索処理に30分以上の時間を要する場合があることなどを考慮して、契約の目的を達成することのできない瑕疵であると判断した事例がある。

他にも、

・契約締結を拒絶したことによるユーザーの「契約締結上の過失」責任(それを回避するための精算金条項付き内示書のアイデア)

・議事録・変更管理書の具体的な作り方と残し方

・損害賠償請求に対抗するための過失相殺の主張とその順序

・データ消失事故に対してベンダーが負うべき責任

・データ漏えい事故と個人情報保護法における安全管理措置義務の程度

・瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求権の行使期限

・ユーザーがベンダーに対して請求可能な損害賠償項目(社内人件費は請求できるか)

などなど!詳しくは⇒[URL]【BUSINESS LAW JOURNAL BOOKS】システム開発紛争ハンドブック―発注から運用までの実務対応 Legal Handbook for Resolution of Disputes Over System Development




ミドルエイジ30代からの嗜み!知的好奇心生活のおすすめブログ

ひどいワキガ・ワキ汗対策!男性ビジネスマンに特化した方法とは
CMで人気のどろあわわの力とは!顔の汚れを吸着する白い泡パック
待ち時間すきま時間の暇つぶしにおすすめスマホアプリはコレ!
緊張で口が渇く、デート中、キスする前の口臭にはご注意を!
引越し、プチ模様替えするなら風水が大事!おすすめスマホサイト



posted by 近藤SCO at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 本書評(読書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

すぐわかる物流不動産 鈴木邦成著 大谷 巌一著【本書評レビュー】

すぐわかる物流不動産 鈴木邦成著 大谷 巌一著【本書評レビュー】

すぐわかる物流不動産: 倉庫から物流センターへと進化したサプライチェーンの司令塔 単行本(ソフトカバー) 2016/4/22
鈴木 邦成 (著), 大谷 巌一 (著)


物流不動産、、こういう分野にビジネスチャンスがあるんだ?!という本です。

企業戦略を考える上でロジスティクスの重要性が高まってきています。

この流れの中で巨大化、高度化してきている物流センターと、新しい発想で倉庫・物流業

を見直す物流不動産の基礎知識・実務知識を体系的かつやさしく解説です。



□日本の法人所有の不動産は、時価で490兆円もあり、第一位は製造業、第二位は不動産業、第三位は物流業である。


□日本の倉庫業界は、2001年(平成12年)6月に倉庫業法の改正により、倉庫業への参入が許可制から登録制と変わった。

これまでたんにモノを保管するだけの役割しか担ってこなかった倉庫は、物流センターへ
と進化し、サプライチェーンの司令塔となったのである。

さらにはネット通販物流システムへの対応を念頭に、フルフィルメントセンターも登場している。

*フルフィルメントセンター
受注から商品発送、在庫管理、入金管理といったウェアハウス内での一連の業務の戦略的な流れを指す。(先進的なネット通販対応の物流総合センター)


2001年、新木場に登場したメガ倉庫は、外国資本の手による定期賃貸条件付の不動産案件だった。

2001年、メガ倉庫台頭の年である。

□外資系不動産企業を中心に、物流施設を事業用物件とする「不動産ファンド」も有力ビジネスとして市民権を獲得した。多額の資金を倉庫取得に投資、賃貸してその賃料収益を得るというものである。

物流センターは一般的に立地の関係から土地価格が安く、しかも建設費や管理費も低くおさえられることから高い収益性が保証されている。

ユーザ企業との関係も長期にわたり、5年から20年ほど続くケースが多い。

したがって、定期借家契約を行うことで収益性の高い事業に組み込むことが可能となるわけである。

加えてが近年は、5年以下の契約も増えてきて、さらなるビジネスモデルの変革が進んでいる。

金利と収益の格差が確実なメリットとして生まれる。

これが低金利時代におけるイールドギャップ(投資利回りと長期金利との差)と呼ぶものである。

しかも、開発物件は確定利回りを物件の性能とみなされて、完成した物流施設そのものが稼働中の状態で売買につながる。

イールドギャップを利用して、完成物流施設を投資運用先に埋め込む投資基金や年金基金の運用基金の運用機関が目ざとく購入を続けている。

物流不動産ビジネスの基本は、空いている倉庫の空間情報と倉庫を探している多様な情報のマッチングである。

などなど

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、物流不動産がもたらす新たなビジネスチャンスを紹介し、基本知識から業界の最新動向、これだけは知っておきたい実務知識までを体系的かつ実務に連結させて、やさしく解説している。

詳しくは⇒[URL]すぐわかる物流不動産: 倉庫から物流センターへと進化したサプライチェーンの司令塔



ミドルエイジ30代からの嗜み!知的好奇心生活のおすすめブログ

ひどいワキガ・ワキ汗対策!男性ビジネスマンに特化した方法とは
CMで人気のどろあわわの力とは!顔の汚れを吸着する白い泡パック
待ち時間すきま時間の暇つぶしにおすすめスマホアプリはコレ!
緊張で口が渇く、デート中、キスする前の口臭にはご注意を!
引越し、プチ模様替えするなら風水が大事!おすすめスマホサイト


posted by 近藤SCO at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本書評(読書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【おすすめリンク】
テストステロンを増やす+免疫力アップでモテる男性力を仕上げる
一目置かれる人、仕事ができる人に必要なリーダースキルとは
乳酸菌道場!症状(免疫力アップ、便秘)に合う乳酸菌を選ぶ!

人気ブログランキングへ