最近の記事
◎プロが選んだ防犯&防災グッズ!
◎防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、
防犯カメラ、ドアホン、盗撮防止、盗聴防止、護身用品
◎地震、火事対策、非常食、保存水、家具固定転倒防止、
災害用簡易トイレ、避難セット、防寒、火災報知器
地震対策万全ですか?
↓↓詳しくはクリックを↓↓
安心安全の専門店 TSSP.jp!!


【お薦めサイト】 
PMBOKやITプロジェクト管理を解説!
↓↓↓↓↓↓
プロマネも人生も段取り八分

2017年05月11日

戦略的インテリジェンス入門 上田篤盛著【本書評レビュー】

戦略的インテリジェンス入門 上田篤盛著【本書評レビュー】

戦略的インテリジェンス入門 大型本 2016/1/5 上田 篤盛 (著)

国防の万全を期すためにはインテリジェンスとは何か?

30年以上にわたり防衛省および陸上自衛隊で情報分析官などとして第一線で勤務した著者が、インテリジェンスの分析手法を具体的な事例をあげながらわかりやすく解説されています。

インテリジェンスとは、「情報を組織がそれぞれの立場や観点から専門的に処理してえた知識」ということになる。

筆者は、戦略とは「環境条件に変化に対応して物事がいかにあるべきかを決定する学(Science)と術(Art)」、これに対し、戦術は「固定的な状況から物事をいかになすべきかを決定する学と術」であると理解している。

【目次】

第1章 インテリジェンスの作成を行なううえでの必要な基礎的知識を理解することを狙いに「戦略的インテリジェンスの概念」

第2章 インテリジェンスが生成される過程である「インテリジェンス・サイクル」についての解説

第3章「インテリジェンスの分析・作成」と題し、米CIA、DIAなどの分析手法を基に筆者の研究成果などを加味して独自仕様の分析手法論を展開。

第4章「情報活動」と題し、主として相手国等の情報活動から我の戦略的インテリジェンスを守るという観点から、諜報、カウンターインテリジェンス、秘密工作などの各種活動について言及。

第5章では、「情報機関」と題し、旧日本軍と諸外国の情報機関について

が解説されています。

□インテリジェンスに関する格言集は、

インテリジェンスとは何か?というものの理解に役立ちますし、
ビジネスにも役に立つとおもいます。

・鋭い牙がないのなら、長い耳を持て
・最も重要な情報は一般公開される資料にある
・情報は買うか、盗むか、交換するかだ。
・情報を善悪で評価してはならない。真偽をもって評価すべきである。

などなど

他にも、

□脅威を構成する2つの要素

安全保障上または軍事上の脅威は通常、客体(相手国)が与える意図(意志、企図ともいう)と能力からなる。つまり、我に対し「侵略しよう」とする意図と「侵略できる」という能力によって、脅威が生起する可能性、様相などが規定される。

□意図見積は正しかったものの行動予測見積を誤ったことを示唆している。
中国軍の機動力不信で予想が外れただけだった。

第4節 戦略的インテリジェンス作成
(1)動態インテリジェンス
(2)トレンド分析
(3)長期分析
(4)見積インテリジェンス
将来の「〜かもしれないこと」「起こるかもしれないこと」を取り扱うインテリジェンスである。

□情報収集区分
@公開情報源から収集する手段がオシント(OSINT、公開インテリジェンス)
A非公開情報源「人間か、技術か」により人的情報源と技術的情報源に区分される。
・人的情報源から収集する手段がヒューミント(HUMINT:人的インテリジェンス)
・技術的情報源を収集する手段がテキント(TECHINT:テクノロジカルインテリジェンス)
  ・シギント(信号インテリジェンス)
  ・イミント(画像インテリジェンス)
  ・ジオイント(地理空間インテリジェンス)
  ・マシント(計測・痕跡インテリジェンス)

□学者との関係でいえば、学者は答えを導き出すツールとしての「方程式」を考案し、一方の情報分析官はその方程式に情報(データ)を注入し、そこから「答え」となるインテリジェンスを導き出す関係にあるといえるだろう。

□推理力を働かせ、一片の兆候から真実を読み取る
航空写真には波打ち際に便所が連立している状況が写っていた。この情報将校は便所の数を判読し、1個の便所を何人で使うのかを計算し、実際の兵力4836人にきわめて近い数字をはじきだした。

一見すると無関係と思われる情報を見逃せなかった点である。

上陸作戦の前には、製薬会社や食料品メーカーの株が必ず高騰するなど。

第3節 分析・作成上の各種阻害要因

□各種の阻害要因(致命的な7つの罪)
英国のスウオンジー大学政治名誉教授
1.情報収集による失敗
2.報分析官による誤った解釈
  これは情報分析官の旧態依然としたマインドセット(考え方の枠組み、思考様式)によって敵の意図や能力を誤って解釈することである。
3.敵の欺瞞により、情報分析官の誤った解釈が増幅されることである。
4.敵が保全上の配慮から十分な情報を情報分析官に与えないことである。
5.情報収集官や情報分析官の情報共有が不十分であることである。
6.脅威に関する情報が政策決定者に効果的に伝達できないことである。
7.政策決定者が旧態依然とした思考様式にとらわれ、インテリジェンスによる警告を否定することである。

○ミラー・イメージング
○ヒューリスティックにおけるバイアス
○政策決定者の思い込み(誤ったマインドセット)
○政策決定者による圧力
○真実を歪める情報操作

第4節 分析的思考法

□氷山分析
水面下の背景構造の下には背景や歴史的因縁などが横たわっている。
□地政学的視点
□歴史的視点
「歴史は繰り返さない。繰り返すのは類似した事例であり、傾向である」
「観察が精密になれば、実験の度にすこしずつ違った結果がでてくる」
□文化的視点
相手国の文化や風習をより深く知ることで、表面的に生起している事象の背後に存在する異なる要素に気づき、事象を正しく分析することができるのである。
□アリソン・モデル(複眼的思考)
複合的(国家、政府組織、個人の視点など)に事象を観察する。
□相関関係と因果関係
「高原野菜をたくさん食べる人に長寿が多い」からといって、高原野菜の摂取と長寿に直接的な因果関係があるとまでは断定できない。
「きれいな空気」なども要因として考えられる。
□兆候(予兆)と妥当性
物事の前触れを捉え、
妥当性を欠く場合、兆候は偽情報として処理するというのが妥当性の考えである。

妥当性:
1)適合性:その戦略構想が戦略目標達成にどれほど寄与できるか? 
2)可能性:自己の内部要因がその戦略行動を可能にするか?
3)受容性:戦略構想実施によってえられる損失または利益が戦略意図の要求度に対して許容できるか?
4)効果性:戦略構想が実施に移された場合、全般戦略および他の関連する戦略にどれほどの貢献ができ、またはどれほどの影響を及ぼすのか?
の基準を当てはめて考察する。

□パズル(知りえるもの)とミステリー(知りえないもの)
□定性的分析(数値化できない指標)と定量的分析(数値化できる指標)
□有効性(それに効果がある)と有用性(現実的に役に立つ、利便がある)
□「縦の比較」と「横の比較」
「縦の比較」:同一事象の時代変化、経年変化をみることである。
「横の比較」:ある事象をほかの同様な事象と比較することである。
□論理的思考と創造的思考
創造的思考とは、蓄積、熟成、閃き、検証の4段階からなる。
創造的思考は論理的思考を補う意味で軽視できないのである。
□拡散的(発散的)思考と収束的思考
□帰納法と演繹法

第5節 分析手法
2.分析テーマを具体化し、切り口を明確にする
□「問題の具体化」
□基本的な分析方法「MECE(ミッシー)」
3.事象の背後関係、相関・因果関係を明らかにする
□分類分析(カテゴリー:日付、時間、場所、判明した事象・活動など)
□リンクチャート(Link Chart)
□クロノロジー(Chronology):生起した事象を時系列的に並べる
□特性要因図(魚の骨)
□マトリックス分析
4.現在の特性、傾向を探る
□定量的比較分析
□同一事象比較分析
□キーワード分析
5.相手国の戦略的意図を分析する
□関連樹木法
□SWOT(スオット)分析
□敵の意図マトリックス
6.未来予測を行う
□未来予測法の種類
□デルファイ法
□時系列回帰分析
□タイムライン
□シナリオ法

第5節 秘密工作
□宣伝(プロパガンダ)
白色宣伝:国家が偽装せずに計画的に行う宣伝活動
灰色宣伝:主体は公然かつ明白であるが、一定の宣伝目的を達成するように重点的に作成するものをいう。
黒色宣伝:隠された主体が処理されたインテリジェンスを使用し、特別の宣伝目的をもって行うものである。

などなど、

インテリジェンスの作成から諜報、カウンターインテリジェンス、秘密工作、諸外国の情報機関等々、情報分析の基礎知識が網羅されています。

詳しくは⇒[URL]戦略的インテリジェンス入門



ミドルエイジ30代からの嗜み!知的好奇心生活のおすすめブログ

仕事ができる男に魅せる!おすすめビジネスバッグ革財布とは
CMで人気のどろあわわの力とは!顔の汚れを吸着する白い泡パック
待ち時間すきま時間の暇つぶしにおすすめスマホアプリはコレ!
緊張で口が渇く、デート中、キスする前の口臭にはご注意を!
引越し、プチ模様替えするなら風水が大事!おすすめスマホサイト




posted by 近藤SCO at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 本書評(読書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449782105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【おすすめリンク】
テストステロンを増やす+免疫力アップでモテる男性力を仕上げる
一目置かれる人、仕事ができる人に必要なリーダースキルとは
乳酸菌道場!症状(免疫力アップ、便秘)に合う乳酸菌を選ぶ!

人気ブログランキングへ