最近の記事
◎プロが選んだ防犯&防災グッズ!
◎防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、
防犯カメラ、ドアホン、盗撮防止、盗聴防止、護身用品
◎地震、火事対策、非常食、保存水、家具固定転倒防止、
災害用簡易トイレ、避難セット、防寒、火災報知器
地震対策万全ですか?
↓↓詳しくはクリックを↓↓
安心安全の専門店 TSSP.jp!!


【お薦めサイト】 
PMBOKやITプロジェクト管理を解説!
↓↓↓↓↓↓
プロマネも人生も段取り八分

2017年06月27日

大隈重信、中国人を大いに論ず 倉山 満 監修【本書評レビュー】

大隈重信、中国人を大いに論ず 倉山 満 監修【本書評レビュー】

大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳『日支民族性論』 単行本 2016/9/2 大隈重信 (著), 倉山 満 (監修)

本書は、大隈重信の1915年(大正4年)の著書『日支民族性論』を現代語訳したものです。

当時の現職首相 大隈重信が記した過激な中国論。

「何度革命があっても、何度王朝交替しても中国人は変わらない」
「中国が滅ぶときは自滅しかない」

初版から90年間黙殺されてきた禁断の書、現代語訳で復刻です。

大隈重信といえば、いわずと知れた早稲田大学の創設者。
そして、「対華21カ条の要求」を突きつけた内閣の首相でもある。

「対華二十一カ条の要求」で内外世論の批判にさらされていた。

本書はそれに対し、大隈個人の支那観を述べるための出版という意味合いが強い。

すこし読みにくいところもあるが、中国(支那)を学ぶにはいい本です。

中国の古代の歴史、四書五経などに解説を加えながら、なぜ中国はこうなのかが解説されています。

内容も「今、書かれたものか?」と疑うほど現代中国をいいあてています。

中国を理解するうえでの基本テキストとしておすすめの一冊です。

中国人がどうこうというよりも、強力な民族が境を接した大陸で生き残るとここういうことで、この島国の日本は自分たちのとの歴史の違いを知った上で、大陸国と付き合うことの重要性を教えてくれます。

大隈重信のすごい中国観・中国人観(本文より)

「支那の革命は、いつも同じことだけを繰りかえしている。
聖人が昔からこのことを戒めて、教えを垂れてきたのであるが、支那は古来、文教の国であると誇張して自称するばかりであった。
支那人は小児のときから、聖人の金の言葉に親しんでいるにもかかわらず、
そのとおり実現できないまま、今日に至るのは、なぜなのか」

「支那には、数千年の歴史がまるで一日のようにしてあるだけで、まったくといって進化の跡がない。いつものように、形式を尊び、詐術を愛し、それでいて窮境におちいったときには、頼るべきでない相手を頼りにして、目の前の苦痛だけが去れば、それでいいのだといったように、将来の大きな患いにまで思慮のおよぶことがない」

では、いくつか抜粋してみます。

<解説>

・支那人には、遺伝性、遺伝的疾患というものがある
「忘恩と背信の行為の多いことは、まったく顰蹙(ひんしゅく)の極みであるが、このようなことは、ほとんどその遺伝性によるものである」
・支那人は、すぐに忘れて、元に戻る。
・支那人は、進歩がない。

支那では、幾度の革命と王朝の興亡が起こりながら、その民族性はまったく不変である。

□現実の中華王朝はけっして精強ではなかった。

それどころか古代以来、周辺諸民族に何度も征服されている。元はモンゴル人が支那人の王朝である宋を滅ぼし、支那の土地を占領し、支那人を支配した王朝である。清は同じように満州人が支那人を支配した国だ。漢民族ではない。だから、中国人かもしれないが、支那人ではないのだ。古代の周王朝からして、「西じゅう」に滅ぼされている。

□本書の背景にある「二十一カ条の要求」問題

大隈内閣加藤外相は、袁世凱に対し「十四カ条の要求」と「七か条の希望」を伝えた。
ここで問題なのは、袁世凱に「最後通牒の形式にしてくれ。そうした形で押し付けられた形にしにと私が暗殺される」などと泣きつかれてお人よしにもその通りにすると、かえって「このような要求を突きつけられた」などと世界中にプロパガンダされる始末だった。
これが遠因となり、山縣は倒閣の陰謀に乗り出し、この内閣の退陣を最後に大隈は政界から完全に去ることになる。

□本書の要旨

・支那の革命は王朝が交代するだけ。
・孔子の説く「礼」など、後代にいくほど形式的・装飾的。
 実態は、額に汗して働く武を蔑み、虚飾の文弱に流れるのが、その民族性である。
・古代より四海を野蛮とみなす。実態は単なる都市連邦。何度も周辺諸民族に滅ぼされている。
・「朝貢」などと威張るが、実態は貿易にすぎない。
・文を貴び、武を卑しむ風潮がある。
・刑法だけあって民法がない。これが社会発展の遅れの原因となっている。
・宗教心がない・・・支那人は、いまもって鬼神説の信者である

などなど、辛辣だが核心を突いた大隈重信の中国論!
これを大事にすれば、あれほど中国との泥沼の戦争(事変)にならなかったのではないかとも思う一冊です。

詳しくは⇒[URL]大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳『日支民族性論』



ミドルエイジ30代からの嗜み!知的好奇心生活のおすすめブログ

部屋ダニ退治!薬剤未使用ダニキャッチャーの作り方とは
CMで人気のどろあわわの力とは!顔の汚れを吸着する白い泡パック
待ち時間すきま時間の暇つぶしにおすすめスマホアプリはコレ!
緊張で口が渇く、デート中、キスする前の口臭にはご注意を!
引越し、プチ模様替えするなら風水が大事!おすすめスマホサイト




posted by 近藤SCO at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 本書評(読書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【おすすめリンク】
テストステロンを増やす+免疫力アップでモテる男性力を仕上げる
一目置かれる人、仕事ができる人に必要なリーダースキルとは
乳酸菌道場!症状(免疫力アップ、便秘)に合う乳酸菌を選ぶ!

人気ブログランキングへ