最近の記事
◎プロが選んだ防犯&防災グッズ!
◎防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、
防犯カメラ、ドアホン、盗撮防止、盗聴防止、護身用品
◎地震、火事対策、非常食、保存水、家具固定転倒防止、
災害用簡易トイレ、避難セット、防寒、火災報知器
地震対策万全ですか?
↓↓詳しくはクリックを↓↓
安心安全の専門店 TSSP.jp!!


【お薦めサイト】 
PMBOKやITプロジェクト管理を解説!
↓↓↓↓↓↓
プロマネも人生も段取り八分

2010年05月21日

【保険見直しのポイント】ビジネスマンの悩み







【保険見直しのポイント】

   1.結婚や子供の誕生など、人生の節目には保険を見直して! 
  
   2.これから入る保険に、貯蓄性を求めてはいけない!

   3.予定利率が5%以上のお宝保険は解約や転換はもったいない!

   4.病気、怪我、死亡など万が一のとき、
   
    @誰のために(夫か、妻か、子供か)
    Aどれくらいのお金が必要か
    Bどこの保険会社のどの保険にに入るか
    これらは年齢を重ねていくうちに徐々に変わっていくものです。
  
 【見直すといき特に注意】

  「予定利率が高い保険」
     1993年3月末までに契約した貯蓄型の生命保険なら、解約は
     よくよく検討してからに。


【保険選びの注意点】

 1.これから入るなら、保険で貯蓄しない。

   保険に保障と貯蓄の両方の役割を期待するのはやめる

 2.保険以外にもリスク対策はある

   遺族年金などの公的保障や、働きに出ることもあるでしょう。
   すべてを考え合わせて足りない分を保険で補いましょう。

 3.保険でカバーしたいリスクは金額で考える

いくら必要か目安をもつ。

 4.いくら払っていくら受け取るのかチェック。

   保険料の総支払額、保険金の総額を検討しましょう。
   それが釣り合っていると納得できたら、「契約」しましょう。
   終身払いなどは、平均寿命で考えれば計算できます。

 5.解約したらどうなるのかをチェック

   中途解約できるか。
   制限があるとしたらどんなものか。
      どんな場合にできるか
      いくら減るのかなどが大事です。
      中途解約の場合の利率が決まっている場合もあります。
   特約だけなど、一部だけ中途解約できるかどうかも確認を。
   見直しがしやすい保険を選ぶのも大事です。

 6.更新はどうなっているのかをチェック。

   保険には保険期間(終身、定期など)があり、期間が満了すると
   満期といって、契約は終ります。
   契約のとき
    更新時はどうなるか確かめましょう。
    保険料が急に上がる場合がありますから要注意。

 7.複数の保険会社に見積もりを頼む。
   
   保険に入るときの鉄則です。
   共済や損害保険会社もよく似た保険を出しています。     

 8.公的保険も押さえる
   ・高額療養費制度
   ・国民健康保険を押さえる
     一定の保障がえられます。
      ・医療費(3割負担)
        病院などで保険証を提出すると、医療費や入院費などを一部負担する
        だけですむ。
      ・出産費
      ・葬祭費
      ・入院時食事代
      ・高額療養費制度



保険の見直し、節約相談なら【保険のgift】












<ビジネスマンの悩み  乾燥肌(化粧品)敏感肌 ひとりを癒す癒しの生活用品(映画、アロマ、育毛、鼻毛、保険、乾燥肌、不眠症、癒し、茶のしずく、ダイエット、骨盤ダイエット、口臭予防)>


【おすすめリンク】
テストステロンを増やす+免疫力アップでモテる男性力を仕上げる
一目置かれる人、仕事ができる人に必要なリーダースキルとは
乳酸菌道場!症状(免疫力アップ、便秘)に合う乳酸菌を選ぶ!

人気ブログランキングへ