最近の記事
◎プロが選んだ防犯&防災グッズ!
◎防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、
防犯カメラ、ドアホン、盗撮防止、盗聴防止、護身用品
◎地震、火事対策、非常食、保存水、家具固定転倒防止、
災害用簡易トイレ、避難セット、防寒、火災報知器
地震対策万全ですか?
↓↓詳しくはクリックを↓↓
安心安全の専門店 TSSP.jp!!


【お薦めサイト】 
PMBOKやITプロジェクト管理を解説!
↓↓↓↓↓↓
プロマネも人生も段取り八分

2010年07月21日

【システム構成図を作る(システム導入コンサルタント)】


人気ブログランキングへ


【システム構成図を作る(システム導入コンサルタント)】


まず、システム構成図とは以下のような図です。

簡単な図ですが、まず、システム全体を把握するために記述します。

以下は、販売管理、WMS(倉庫管理システム)、需要予測システム
のシステム構成図の例ですが、導入するシステムによって作成されます。
システム.bmp
人気ブログランキングへ










<システム導入コンサル|サプライチェーンマネジメント|SCM|管理会計|WMS|倉庫管理システム|物流センターシステム|3PL|在庫管理|物流システム|システム開発支援|プロジェクト支援|需要予測|システムコンサルタント|プロジェクト管理|プロジェクトマネジメント|システムエンジニア|PM|プロジェクトマネージャー|システム化|ビジネスインテリジェンス|BI|ロジスティクス|データベース|DB|卸売業システム|小売業システム|製造業システム|CRM|顧客管理システム>















posted by 近藤SCO at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | システム企画部をもとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

【インターフェース一覧:システム構成図(システム導入コンサルタント)】


人気ブログランキングへ


【インターフェース一覧:システム構成図(システム導入コンサルタント)】

システム構成図には各システム内外のインターエースファイル
(連携ファイル)も記述します。

各インターフェースファイルのフォーマットに関しましては、
インターフェース仕様書に記述されます。

インターフェースファイル+顧客パターンとなりますので、
取引先の多い企業ともなると膨大になります。

また、その項目、とる可能性のある値と意味を押えます。

システム企画部はCIOの指示のもと、すべてを押さえなければ、
なりません。

システム導入時に大きな作業となるためです。

抜けがあると大変です。


<インターフェース一覧 例>

『販売管理システム内』

「受注管理⇒出荷管理」

・受注情報

「出荷管理⇒売上管理」

・出荷実績情報

「出荷管理⇔在庫管理」

・出荷実績情報
・出荷指示情報

「在庫管理⇒受注管理」

・在庫引当情報

「在庫管理⇔入荷管理」

・入荷予定情報
・入荷実績情報
・入庫検収情報

「入荷管理⇒買掛管理」

・入荷実績情報

「発注管理⇔入荷管理」

・入荷予定情報
・発注残情報

「業界EDIシステム⇔販売管理須ステム」

・受注情報
・品切れ情報

「業界EDIシステム⇔販売管理システム」

・仕切書情報

「販売管理システム⇒会計システム」

・売上実績情報
・棚卸資産情報
・仕入実績情報

「発注管理⇒受注システム」

・発注情報

「倉庫管理システム⇔販売管理システム」

・入荷予定情報
・入荷実績情報
・出荷予定情報
・出荷実績情報
・在庫情報(棚卸/在庫調整)
・返品実績
・欠品情報

「販売管理システム⇔営業支援システム」

・値引き情報
・売上実績情報

「販売管理システム⇔需要予測システム」

・出荷情報
・入荷情報
・在庫情報
・入荷予定
・発注情報

人気ブログランキングへ










<システム導入コンサル|サプライチェーンマネジメント|SCM|管理会計|WMS|倉庫管理システム|物流センターシステム|3PL|在庫管理|物流システム|システム開発支援|プロジェクト支援|需要予測|システムコンサルタント|プロジェクト管理|プロジェクトマネジメント|システムエンジニア|PM|プロジェクトマネージャー|システム化|ビジネスインテリジェンス|BI|ロジスティクス|データベース|DB|卸売業システム|小売業システム|製造業システム|CRM|顧客管理システム>


posted by 近藤SCO at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | システム企画部をもとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【システム概要図(システム導入コンサルタント】

人気ブログランキングへ


【システム概要図(システム導入コンサルタント)】

システム構成図には、追加、カスタマイズシステム、補足資料

システム構成図も作成します。

例は、需要予測システムと販売管理システム、WMS(倉庫管理システム)
の関係を示したものです。

連携full.bmp
人気ブログランキングへ










<システム導入コンサル|サプライチェーンマネジメント|SCM|管理会計|WMS|倉庫管理システム|物流センターシステム|3PL|在庫管理|物流システム|システム開発支援|プロジェクト支援|需要予測|システムコンサルタント|プロジェクト管理|プロジェクトマネジメント|システムエンジニア|PM|プロジェクトマネージャー|システム化|ビジネスインテリジェンス|BI|ロジスティクス|データベース|DB|卸売業システム|小売業システム|製造業システム|CRM|顧客管理システム>
posted by 近藤SCO at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | システム企画部をもとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

【システム導入価格を抑えるにはどうしたらよいか】システム導入での悩み

【システム導入価格を抑えるにはどうしたらよいか】


低価格!!

いい言葉ですね。

どうすれば低価格なシステム導入ができるか?

それを実現するには2つ、
 ・軽い(必要最低限:スリムなシステム)
 ・短い(工期が短く、品質がいい)
です。

仕様が軽いか、工期が短いか。


一例を上げますが、

以下のような「分割検収」の例があるとします。

 工程別に検収して、請求するというものです。

 1:1:6:3(着手金:要件定義、論理設計:開発:本番後)
  などで、
  100人月で10,000万円の開発であれば、
  @ 1000万円 : 着手金(業務分析、要件定義)
  A 1000万円 : 論理設計終了後
  B 6000万円 : 論理設計〜結合テスト終了後
  C 3000万円 : システム導入終了後 
  の支払いとなります。

  工程:
    ・業務分析など(コンサル作業)
    ・要件定義
    ・論理設計
    ・開発
    ・結合テスト
    ・システムテスト
    ・本番

この場合、一番削減できて効果的なのはどの工程でしょう。

そうですね!

@Aですね。

@Aでの人月ですが、会社によって違いますが、

だいたい

上級SE 120万円/月 
SE     90万円/月
PG     60万円/月

など、上級SEのコストが高く見積もられています。

ですので、上流工程をいかに短くするかが重要となります。

とくに、顧客業務にかかわる部分は、もともとSI企業の

上流SEにもわからない部分(標準的な業務に詳しいSEでも、

お客さん独特の部分がわからないのは当たり前ですね、

もちろん理解力という意味ではなにも業務をしらないSEと

は雲泥の差となりますが)の仕様の伝達をいかに早く正確に

行うかが肝になります。

この部分が早く正確だと、後工程の見積りにもいい影響を与えます。

ブルウィップ効果がここでも適用され、上流工程の出来ばえ

如何で後工程の見積りの精度も変わってくるからです。

システム導入の最大のリスクは「仕様漏れ、ミス」です。

顧客があやふやだと、「見積り時にリスクが高く載せられます」

以前のように、SI企業がシェア争いをしているときは、

無理してでも導入していましたが、「利益重視」の世になると、

自分のやりたいシステム導入ができない企業も増えてきて

いるようです。

自社の業務をシステム化して正確に押えておくと、

上流工程での仕様の伝達が正確で早く済むため、

システム全体の工数引下 ⇒ 開発費低減が見込めます。

仕様が落ち着いていれば、自ずと、品質も上がり、

システム導入時、導入後の顧客側の負荷が軽減されます。

また、自社の業務をシステム化して正確におさえるという

ことは、自社業務の効率化とコストダウンにも寄与しますので

是非、社内で委員会などを立上げて、システム導入前にやられ

てみるのがいいかと考えます。

他に、

中小企業がIT投資を抑えるには

1.SaaSを利用し、コストを抑える

2.パッケージ製品を導入する

3.中小SIベンダーに依頼する

の3つが考えられます。

これは以前にもお話しましたね。


人気ブログランキングへ


<システム導入コンサル|サプライチェーンマネジメント|SCM|管理会計|WMS|倉庫管理システム|物流センターシステム|3PL|在庫管理|物流システム|システム開発支援|プロジェクト支援|需要予測|システムコンサルタント|プロジェクト管理|プロジェクトマネジメント|システムエンジニア|PM|プロジェクトマネージャー|システム化|ビジネスインテリジェンス|BI|ロジスティクス|データベース|DB|卸売業システム|小売業システム|製造業システム|CRM|顧客管理システム|見える化|可視化|システム導入での悩み>
posted by 近藤SCO at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | システム企画部をもとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【おすすめリンク】
テストステロンを増やす+免疫力アップでモテる男性力を仕上げる
一目置かれる人、仕事ができる人に必要なリーダースキルとは
乳酸菌道場!症状(免疫力アップ、便秘)に合う乳酸菌を選ぶ!

人気ブログランキングへ