最近の記事
◎プロが選んだ防犯&防災グッズ!
◎防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、
防犯カメラ、ドアホン、盗撮防止、盗聴防止、護身用品
◎地震、火事対策、非常食、保存水、家具固定転倒防止、
災害用簡易トイレ、避難セット、防寒、火災報知器
地震対策万全ですか?
↓↓詳しくはクリックを↓↓
安心安全の専門店 TSSP.jp!!


【お薦めサイト】 
PMBOKやITプロジェクト管理を解説!
↓↓↓↓↓↓
プロマネも人生も段取り八分

2010年07月23日

【物流用語集 さ(1)】

人気ブログランキングへ

【物流用語集 さ】

●SURCHARGE(サーチャージ)

海上輸送でBASE FREIGHT(基本運賃)に上乗せされる付加料金。
燃料油の値上がりを補填するBAF(BUNKER ADJUSTMENT FACTOR)、
為替変動による手取り円収入の目減りをカバーするCAF
(CURRENCY ADJUSTMENT FACTOR)などがある。


●CERTIFICATE OF ORIGIN[ サーティフィケイトオブオリジン ]

原産地証明書。
貨物が輸出国の原産であることを証明する書類。

●サーベイヤー

査証機関(=SURVEYOR)。
送貨や受貨に閑する各種事項の検査・鑑定・報告・証明を専業とし、
公正な査証を行なう。
・ロンドンのロイド協会所属のロイズ・サーベイヤー
(LLOY’S SURVEYOR)

●在来船[ ザイライセン ]

本船がクレーンを装備している種類の貨物船のこと。

●在庫回転率

在庫が会計年度中に何回転効率よく得られて
いるか表した指標をいう。
この回転率が高いほど効率的に行われている。

1ヶ月の在庫回転率 = 1ヶ月の出庫量

÷ ((月初の在庫量+月末の在庫量)÷2)


●在庫管理

納期遅延・欠品防止による顧客への注文から納入までのサービス向上
とともに、それに伴う在庫費用、製造費用、輸送費用等のコスト削減
を目的としている。

●在庫調整

企業が、その時々の経済動向や需要動向にあわせて在庫量を増減して
調整することをいう。

●在庫日数

手持ちの在庫商品が何日分(出荷日数)の在庫額に相当するかをいう。

手持ち在庫日数=在庫高(売価)÷1日平均売上高


●才寸

カートンなどのサイズを表す単位。
計算方法はタテ×ヨコ×タカサ(単位メートル)÷0.027
30センチ立方で1才となる。
才は容積にして約0.028m3、重量にして約8kgを指す。

●サイドフォークリフト

つめの出し入れが前後方向のみだけでなく、左右にも動かせる
フォークリフト。

●最終受取人 = Messurs

貨物の最終受取人のこと。
       
●最終仕向地 = Final Destination

B/Lに記載されている項目で、貨物の最終仕向け地のこと。
       
●最低料金 = Minimum charge

1件の貨物に対し、適用賃率に貨物の実重量(または容積重量)を乗じた結果、
一定額に達しない場合適用される最低の料金。最低料金は、運送地域または
地区間ごとに設定されている。
       
●再輸入 RE-IMPORT

許可を受けて輸出した貨物を再び輸入すること。
       
●在来船

コンテナに入らない貨物や重量物を積む船。

       
●サレンダー

B/L(船荷証券)を元地回収し、現地でCONSIGNEE(荷受人)が
サレンダーB/Lのコピーで貨物を引き取る形態。元地回収のこと。
       
●先入れ後出し

先に入ったものは奥に、または下積みになる。
取り出しを手前から行えば順序が逆になることを言う。
反対:先入れ先出し 類似:待ち行列


●先入れ先出し

保管物品の品質が長期滞留によって劣化することを防止するもので、
その物品を取り出す場合、保管経過時間の長いものから順に行うこと
をいう。
FIFOと略称する。


●サプライチェーンマネジメント

SUPPLY CHAIN MANAGEMENT(SCM)。
「供給連鎖管理」の意であり、原材料の調達から製造、保管・流通、
販売から最終顧客の消費に至る一貫したプロセスを、企業・組織のワクを
超えて管理し、付加価値を最大にする統合管理を行い、効率化すること。
高度な情報システムが必要で、SCMを導入することで納期短縮や
在庫削減につなげ、経営効率を一気に向上させる手法。


人気ブログランキングへ










<システム導入コンサル|サプライチェーンマネジメント|SCM|管理会計|WMS|倉庫管理システム|物流センターシステム|3PL|在庫管理|物流システム|システム開発支援|プロジェクト支援|需要予測|システムコンサルタント|プロジェクト管理|プロジェクトマネジメント|システムエンジニア|PM|プロジェクトマネージャー|システム化|ビジネスインテリジェンス|BI|ロジスティクス|データベース|DB|卸売業システム|小売業システム|製造業システム|CRM|顧客管理システム|見える化|可視化>
posted by 近藤SCO at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 物流用語集(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【物流用語集 し(1)】

人気ブログランキングへ

【物流用語集 し】


●GRI

GENERAL RATE INCREASE(運賃一括値上げ)


●CIS

通関情報総合判定システム(CUSTOMS INTELLIGENT DATABASE SYSTEM)。
税関において輸出入実績、船舶入出港実績等の情報を一元的に管理
するシステム。
輸出入申告を適正かつ迅速に処理するため、
ハイリスク貨物(適正な申告が行われていないと思われる貨物)は、
重点的に審査・検査を行う、一方、
ローリスク貨物(その可能性が低いと思われる貨物)については、
審査・検査を極力省略するといった選別を行い、
事務の重点化・効率化を図るもの。

●CIF

運賃保険料込み条件(=COST, INSURANCE AND FREIGHT)。
約定品が買主の指定する場所に届いた時点でその所有権が買主に
移転するという取引条件。
CIFによる契約では、売主(輸出者)は貨物を荷揚げするまでの費用
(運賃・海上保険料等)を負担し、荷揚げ以降の費用(輸入関税、
通関手数料を含む)は買主(輸入者)の負担となる。
リスクは貨物が積み地の港で本船に積み込まれた時点で移転する。
ただし、海上保険は売主が手配しているが、運送中に貨物が破損
した場合、依然として買主には代金支払い義務がある。
このように売り手が費用と責任を輸入港まで負うCIFに対し、
輸出港までの取引条件をFOBという。


●CIP

輸送費込み条件(=CARRIAGE AND INSURANCE PAID TO)。
売主は、指定された場所(積み地のコンテナ・ヤード等)で商品を
運送人に渡すまでのリスクと海上運賃、保険料を負担し、荷揚げ地
からのコストとリスクは買主が負担する。


●CAO

CARGO AIRCRAFT ONLY(貨物専用機のみに搭載が認められてる特定貨物
のこと)。
CAO扱いの危険物を出荷する際、収納している包装物へのCAOラベル貼付
やAWBへのCAO表示が必要。


●CSR

企業の社会的責任(=CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY)。
企業が活動するに当たって、社会的公正や環境等への配慮を組み込み、
従業員、投資家、地域社会の利害関係者に対して責任ある行動をとる
とともに、説明責任を果たしていくことが求められている。

●CSI

CONTAINER SECURITY INITIATIVEの略。
米国向けコンテナ貨物を船積みする外国の港に米国税関職員を派遣し、
当該国税関と協力して危険性の高いコンテナを選定するとりくみ。
テロを未然に防止するため、米国向けコンテナ貨物を船積みする
外国の主要港に米国税関職員を派遣し、外国税関と協力して危険性の
高いコンテナの特定等を行う米国の海上コンテナ安全対策。

●GSP

一般特恵関税制度(=GENERALIZED SYSTEM OF PREFERENCES)。
国連貿易開発会議において、南北問題解決の一手段として、
昭和46年8月に創設された。
開発途上国を原産地とする輸入貨物については、一般の関税率より
も低い税率(特恵税率)を適用する制度である。



●CNPJ

CADASTRO NACIONAL DA PESSOA JURIDICA。
ブラジル国内で営業・開業するにあたり必要な企業登録。
国家法人登記簿。登録後、番号が発番される。
ブラジルへの輸出の際は、BL上のCONSIGNEE(輸入者)欄に記載が
必要となる。

●CLP

CONTAINER LOAD PLAN。
コンテナに詰め込まれた貨物の明細および積み付けを明示する書類。

●C.O.D

CASH ON DELIVERY(代金引換渡し)。
貨物代金やその輸送に係る一切の費用の支払いと引き換えに貨物を
引き渡す輸送方法。

●GCR

GENERAL CARGO RATE(一般貨物賃率)。
特定貨物賃率(SCR)又は品目分類賃率(CCR)が適用されない貨物
に適用される賃率。

●CCS (CARGO COMMUNITY SYSTEM)

航空貨物関連業界情報交換システム。
貨物の運送状況、トラッキング情報等を交換する。


●CCC

CHINA COMPULSORY CERTIFICATION。
安全認証制度。
中国内に流通・消費される場合に必要であるが、委託加工生産用の資材・
原材料・設備については免除される。


●CC FEE

CHARGE COLLECT FEE。運賃着払い手数料。

●CTF

CLEAN TRUCK FEE。
カリフォルニア州を通過する貨物で、輸送機材として環境基準に
適さない(排ガス規制など)トラックやトレーラーを使用した場合
に課徴される費用のこと。


●C-TPAT

CUSTOMS-TRADE PARTNERSHIP AGAINST TERRORISM。
輸出国から米国に至る物流全般のセキュリティ強化を目的とした
官民共同のボランタリーなパートナーシップ・プログラム。
輸出国から米国にいたるサプライチェーン全般のセキュリティ強化
を目的とした、官民共同の非義務的な取り組みであり、船会社、
通関業者、倉庫管理者、輸入者、製造業者等が米国税関国境保護局の
示すセキュリティ・ガイドラインにしたがってサプライチェーンの
セキュリティ強化のための米国のコンプライアンス・プログラム。

●C TO C

消費者(個人)〜消費者(個人)間物流


●CPT

CARRIAGE PAID TO。
輸送費込み条件。
売主は、指定された場所(積み地のコンテナ・ヤード等)で商品を
運送人に渡すまでのリスクと海上運賃を負担し、それ以降のコスト
とリスクは買主が負担する。

●JETRO

独立行政法人日本貿易振興機構
(JAPAN EXTERNAL TRADE ORGANIZATION)


●直積み[ ジカヅミ ]

荷主責任で貨物を本船船側まで搬入し、船会社に引き渡して船積み
する方法。

●直取り[ ジカドリ ]

輸入貨物などを、本船の船側で荷主に直接引き渡す方式。


●事業系一般廃棄物[ ジギョウケイイッパンハイキブツ ]

事業活動に伴って発生した廃棄物ではあるが、法律で定めれられた
20種類の廃棄物には該当しない廃棄物のこと。
略して「事業系一廃」と呼ばれることが多い。

●事業者の排出者責任[ ジギョウシャノハイシュツシャセキニン ]

事業者は、自らの事業活動に伴なって生じた廃棄物は自らの責任に
於いて処理することが義務付けられている。
また、事業者がその廃棄物の処理を業者に委託した場合、その廃棄物
が適正に処理されたかを把握する義務がある。

●自社通関企業[ ジシャツウカンキギョウ ]

輸出入経営権を有する三資企業(外資による、単独独資、合弁、
合作の3種)、国営企業、対外貿易企業などの企業が、輸出入業務
を経営し、自社の通関業務を行うことを指す。

●SISCOMEX[ シスコメックス ]

SISTEMA INTEGRADO DE COMERCIO EXTERIOR。
ブラジルでの電子貿易処理システム。
輸出入申告はこのシステムを通じて行う。
日本でいうNACCSにあたるもの。

●SHIPPING ORDER[ シッピングオーダー ]

船積指図書(S/O)。
本船に対する貨物積込みの指示書、船会社所定の船腹申込書に必要事項を
記載して船会社に指出し、本船受取証と一枚続きになっているS/O
を貰って、これに税関より下付された輸出免状と共にこれを本船に
指出して積込みをする。

●SHIPPING DOCUMENTS[ シッピングドキュメント ]

船積み書類


●CITY CODE[ シティコード ]

都市コード。国際空港のある主要都市名をアルファベット3文字で表す。

●仕向港着船渡し条件[ シムケコウチャクセンワタシジョウケン ]

DES(DELIVERED EX SHIP)。
売主は、仕向港までの費用、海上運賃、保険料及びリスクを負担する。
仕向港に着船した時点で所有権は買主に移転し、それ以降の費用
(関税を含む)は買主が負担する。

●仕向港埠頭渡し条件[ シムケコウフトウワタシジョウケン ]

DEQ(DELIVERED EX QUAY)。
売主は、仕向港までの費用、海上運賃、保険料及びリスクを負担する。
仕向港で荷卸した時点で所有権は買主に移転し、それ以降の費用
(関税を含む)は買主が負担する。

●仕向地[ シムケチ ]

PORT OF DESTINATION。
輸送契約に指定された貨物の揚荷港。TRANSHIP CARGOでは最終揚港。


●仕向地持ち込み渡し・関税抜き条件
[ シムケチモチコミワタシ・カンゼイヌキジョウケン ]

DDU(DELIVERED DUTY UNPAID)。
売主は、指定された目的地まで商品を送り届けるまでのすべての
コストとリスクを負担するが、輸入関税については買主が負担する。

●シャーシ

自動車の車台のことで、港湾では特にコンテナを乗せて移動させる台車
のことをいう。

     
人気ブログランキングへ










<システム導入コンサル|サプライチェーンマネジメント|SCM|管理会計|WMS|倉庫管理システム|物流センターシステム|3PL|在庫管理|物流システム|システム開発支援|プロジェクト支援|需要予測|システムコンサルタント|プロジェクト管理|プロジェクトマネジメント|システムエンジニア|PM|プロジェクトマネージャー|システム化|ビジネスインテリジェンス|BI|ロジスティクス|データベース|DB|卸売業システム|小売業システム|製造業システム|CRM|顧客管理システム|見える化|可視化>
posted by 近藤SCO at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 物流用語集(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

【物流用語集 す】

人気ブログランキングへ

【物流用語集 す】

●ステベ

船内荷役業者のこと。
ステベドア(STEVEDORE)の略。

●ストラドルキャリア

コンテナターミナルにおいて、コンテナの荷役や移動に使われる機器で
バン・キャリアともいう。


●スキッド梱包 Skid

裸でコンテナに詰められない貨物に対して、用いられる梱包方法。
貨物の下に角材などでゲタをはかせる。
       
●数量検品

商品の数量が、明細内容と合致しているかの確認作業。


●スタッカークレーン

自動倉庫のラック間に設置され、前後・上下の移動機能をもった
クレーン。
棚から荷物を搬出・搬入するフォークを有し、一般的には制御装置
により自動運転化されている。

●ストックロケーションシステム

倉庫内で保管スペースに番地を割当て管理する方法。
自動倉庫の制御や無人搬送車、また作業者においても保管位置を
探す手間が省ける。

●ストレッチ包装

荷物を包装する際に、1個ないしは複数個の周囲を、ストレッチ
フィルムで覆い包む包装方法。

●スピードリミッター規制

2003年に環境省が定めた法律。
高速道路における大型トラックの速度超過による重大事故を防止
する目的で制定。
GVW(車両総重量)8トン以上、または最大積載量5トン以上の
トラック(大型貨物自動車)で、新車及び平成6年排ガス規制適合車
(KC-)以降既に使用している自動車にスピードリミッター装着が
義務付けられた。
装着した車輌はアクセルを踏んでも、90km/h以上のスピードが
出ないよう機械制御される。
人気ブログランキングへ










<システム導入コンサル|サプライチェーンマネジメント|SCM|管理会計|WMS|倉庫管理システム|物流センターシステム|3PL|在庫管理|物流システム|システム開発支援|プロジェクト支援|需要予測|システムコンサルタント|プロジェクト管理|プロジェクトマネジメント|システムエンジニア|PM|プロジェクトマネージャー|システム化|ビジネスインテリジェンス|BI|ロジスティクス|データベース|DB|卸売業システム|小売業システム|製造業システム|CRM|顧客管理システム|見える化|可視化>
posted by 近藤SCO at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 物流用語集(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【物流用語集 せ】

人気ブログランキングへ

【物流用語集 せ】


●SECURITY SURCHARGE[ セキュリティーサーチャージ ]

利用者にその負担を求めるために設けられた料金の一種。
テロで航空運送に対する危険が一時的に増大した場合など、
航空保険料や保安対策の費用が増大することにより、
発生する追加料金。

●船側渡し条件[ センソクワタシジョウケン ]

FAS(FREE ALONGSIDE SHIP)。
売主は、積み地の港で本船の横に荷物を着けるまでの費用を負担し、
それ以降の費用及びリスクは買主が負担する。
(売主は、船にまで積み込む必要はない)


●税関検査

税関は、申告書類をチェックし、申告書記載の貨物と実際の貨物が
同一であるか、税番が正しいかなどを確認するために必要に応じて
行われる検査。

●船社船荷証券 Master B/L

船社船荷証券。
船舶会社が発行するB/L。
       
●船腹予約 Booking

船会社、航空会社に貨物の運送依頼の予約をすること。
通常、ある特定の航路に就航する船舶又は航空機について、
ある仕向地までのスペースを確保する意味で用いられる。
       

●成果報酬方式契約

物流業務の受託における一つの契約方式。
ゲインシェアリングとも呼ばれ、改善項目や改善方法、その期間を
荷主と物流企業が合意し、双方による改善を行う。
その結果削減ができた金額を、両社で分配する。

●積載効率

許容積載量に対し、実際に積載される貨物の割合。

●センターフィー

卸売業者やメーカーの納入業者が、小売業や卸売業の運営する
物流センターなどへ商品を納入する際、そのセンターへ支払う
使用料のこと。

●生産物流

工場で生産された商品を自社の販売拠点である支店や営業所へ
供給する、あるいは小売業者が商品センターから各店舗への
供給など、自社施設間の商品移動に関する物流をいいます。


●製造日管理

食品の製造日管理では、いつまで食べられるか不明な点も多く、
近年は賞味期限管理になりました。
食品以外の製品では、製造年月日や入庫年月日で入庫、保管、
出庫管理をします。
人気ブログランキングへ










<システム導入コンサル|サプライチェーンマネジメント|SCM|管理会計|WMS|倉庫管理システム|物流センターシステム|3PL|在庫管理|物流システム|システム開発支援|プロジェクト支援|需要予測|システムコンサルタント|プロジェクト管理|プロジェクトマネジメント|システムエンジニア|PM|プロジェクトマネージャー|システム化|ビジネスインテリジェンス|BI|ロジスティクス|データベース|DB|卸売業システム|小売業システム|製造業システム|CRM|顧客管理システム|見える化|可視化>

posted by 近藤SCO at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 物流用語集(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【物流用語集 そ】

人気ブログランキングへ

【物流用語集 そ】


●総合保税地域[ ソウゴウホゼイチイキ ]

保税地域の一つ。
保税蔵置場・保税工場・保税展示場が有する外国貨物(輸入未許可、
輸出許可済み、わが国を通過するだけの貨物)の蔵置、加工、製造、
展示等の各種機能を総合的に活用できる地域として税関長が許可
した場所。
輸入インフラの集積のメリットを助長するため、そのような施設が
集積する地域に対応する保税制度。

●増値税[ ゾウチゼイ ]

増値税は、日本の消費税のようなもので、増値税課税項目になって
いるものについて、買い側が17%(または13%)の税金を負担する。
国内で生産された商品が海外に輸出される場合、 企業は負担して
いる増値税に関して、その一部が還付される。


●増トン車[ ゾウトンシャ ]

最大積載量を増やすために、車軸・フレーム等を強化して積載性を
高めた車両。
大型車の場合、約13トンまで積載可能。


●ソリューション(solution)

ソリューションとは、情報処理や通信技術を用いて、企業が抱える
経営課題の解決を図ること。
顧客管理、電子商取引、サプライチェーン-マネジメントなどの
システムを受注するソフトウエア開発会社などが主に用いる。

●総重量 GROSS WEIGHT

梱包後の重量。
       
●艙内積み Under Deck

船の積み付け場所で、甲板下の船艙内を指す。
       
●損傷 Damege
   
貨物の全部または一部が物理的に変化した状態。破損、焦損、濡損、
焼損、汚損、生物の死傷、植物の枯死、腐敗、変質及び内容品の不足
など。

●総重量 GROSS WEIGHT
     
梱包後の重量。
       
●艙内積み Under Deck
     
船の積み付け場所で、甲板下の船艙内を指す。
       

●小分け

商品を顧客が必要とする単位に分けて出荷することをいう。

●倉庫寄託約款

倉庫業法に基づき定められた、国土交通大臣へ届ける義務を負う、
寄託者と倉庫業者との契約内容の標準を定めたもの。
寄託者はその寄託約款を承認のうえ、寄託を申し込むことが原則。

●倉庫業法

倉庫業の適正な運営を目的として、1956(昭和31)年に制定
された法律。
倉庫業を許可制として、事前に倉庫寄託約款、及び料金を設定して
届け出る。
倉庫の位置や構造変更、設備については認可を得ること等の規制を
設け、営業倉庫の区分を定めている。

●ソーター

荷物を品種別、方面別などの所定場所に仕分けをする機器。
荷物に貼付されたバーコード等を読み取り、自動仕分けする
ものもある。

●ソーティング

ある一定の基準に基づいて配置されるよう並べ替えること。

●ソーター

輸配送のために多くの貨物(商品)を、品物別、行き先別、お客様別
など目的に応じた置き場に分配する作業のこと。
仕分けには、入庫時の仕分けと出庫時の仕分けがあります。
入庫仕分けとは、入荷された荷物を保管・管理しやすいように品物別
・日付別等に分け、あらかじめ定められた保管ロケーションに応じて
分類します。
出庫仕分けとは、出荷オーダーに従い商品を取り出し(ピッキング)、
届け先別に方面単位あるいは店舗単位、納品車両単位など、目的に
応じた単位に分類します。
人気ブログランキングへ










<システム導入コンサル|サプライチェーンマネジメント|SCM|管理会計|WMS|倉庫管理システム|物流センターシステム|3PL|在庫管理|物流システム|システム開発支援|プロジェクト支援|需要予測|システムコンサルタント|プロジェクト管理|プロジェクトマネジメント|システムエンジニア|PM|プロジェクトマネージャー|システム化|ビジネスインテリジェンス|BI|ロジスティクス|データベース|DB|卸売業システム|小売業システム|製造業システム|CRM|顧客管理システム|見える化|可視化>
posted by 近藤SCO at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 物流用語集(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【おすすめリンク】
テストステロンを増やす+免疫力アップでモテる男性力を仕上げる
一目置かれる人、仕事ができる人に必要なリーダースキルとは
乳酸菌道場!症状(免疫力アップ、便秘)に合う乳酸菌を選ぶ!

人気ブログランキングへ